風俗は不貞行為にあたるのか?

風俗店で既婚者がサービスを受けた場合には、パートナー以外と性的な行為を行うことになりますので不貞行為と見なされることになります。しかし一般的な認識としては、男性ならば風俗を利用するものである、と思われていることもありますので、一度や二度の風俗の利用では悪質な不貞行為とはされず、風俗を理由に慰謝料を請求することは難しいことであると言えます。

また、風俗の利用が発覚したときにすでに夫婦関係が破綻していたのであれば、それは不貞行為とはされない可能性が大きいです。

風俗を利用した際に悪質な不貞行為だとされているのは、本番行為を行うことと、風俗を利用したことで夫婦関係を保つことに大きな支障があった場合です。風俗に本番行為求めて通ったり、風俗嬢に好意の感情を持って利用した場合には、負操義務に反するとして悪質な不貞行為とされます。

しかし一方で、風俗に関しては扱いがとても難しく、風俗店を利用することに関係なく夫婦関係が破綻してしまっていた場合や、、風俗店を利用したことで夫婦関係が破綻まで至らなかった場合などは、不貞行為として認められることなく、慰謝料を請求することはとても難しくなります。

carolmillercongress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です