協議離婚、調停離婚とは

●協議離婚について

協議離婚というのは、双方が協議をしたうえで、離婚をすることが望ましいと判断する場合になります。一般的な方法とされており、協議離婚で解決されることが何よりも大切なことです。互いに色々な部分で相談をして、離婚した方がいいだろうと判断出来れば、協議離婚によって離婚届を出すことになります。
双方が財産や慰謝料という部分で相談をすることとなるため、気持ち以外の部分も解決させなければ同意できない場合があります。同意するまで協議を続けることとなるため、時間が長くなることも予想されます。長くなってしまう場合、他の人にも入ってもらい、色々な意見を聞いたうえで決着を付けることもあります。
この方法なら安心して離婚が出来ることも多いですし、決められていることを実行してくれれば、その後もトラブルが起こらなくなります。穏便な形で離婚が成立することとなりますし、互いにしこりが残るようなことも無いので、今後も安心して生活ができるようになります。

●調停離婚について

調停離婚というのは、協議離婚によって離婚が成立出来ないと判断したものの、どうしても離婚を認めてもらいたいという方が利用する方法です。双方の意見が全く合わないため、離婚を裁判所に判断して貰うのです。色々な理由を説明して、最終的に調停によって決められたことを元に、離婚を行う方法です。
この方法は、裁判所に行かなければならないことと、何回も意見を聞く場が与えられるため、話をしなければならない点が異なります。弁護士を立てることも可能であり、自分が発言しづらいようなことも、弁護士にお願いして話してもらうことができます。最終的に裁判所がどのように判断するかを見守りつつ、自分の意見を押し通すことができます。
調停離婚は、財産等の配分だけを判断して貰うことが多いですが、離婚自体を争っているケースも多々あります。途中でやめることも可能であり、これ以上精神的に耐えられないのであれば、協議離婚に切り替えるような形で、調停離婚の裁判を終わらせることもできます。裁判所がこれ以上無意味と判断した場合も、終了することがあります。

carolmillercongress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です